FC2ブログ

お気に入りに追加

 

 

 

ランキング&リンク

プロフィール

 

北京留学ガイド

北京(中国)に留学するための情報サイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
go page top

 

寮費・学費の支払い

寮費・学費の支払方法についてですが、まずは私の失敗談を。

お金をどのように準備すればいいのかはどこの大学にでも当てはまることだと思いますが、私のケースは・・・

清華大学では寮費の支払いにトラベラーズチェックが使えないため、私はまず中国銀行のある清華大学東門でタクシーを降り、スーツケースを持ったまま銀行にトラベラーズチェックの両替に行きました。

無事両替完了。ここまでは計画通り。

でも、そこから寮までがものすごく遠いというのが計算外でした。
どのくらいの距離か知らずに歩いて向かったのですが、キャンパスが広すぎるし道も分からない。道を尋ねてもみんなまくし立てるように話すので言っていることがよく理解できない・・・おそらく「歩いて行くとめちゃくちゃ遠いよ!」みたいなことを言っていたのでしょうね。


歩いている人なんてほとんどいないです。みんな自転車。指を差された方向になんとなく歩き始めたのですが、歩けど歩けど寮らしきものが見当たりません。それでもなんとかなるさ、と適当に1時間近く歩いたでしょうか。焦りも頂点に達しそうになったとき、運良く写真で見たことがある寮らしきものが見えてきたのです。大きな荷物を持っていましたし本当にクタクタでした。見えてからもまだまだ遠かったです。

もしも、歩く方向を間違っていたら・・・と思うとゾッとします。それくらい広いです。結論として、このケースではもう一度タクシーに乗った方がいいです。どうしても歩いて行かれる方は門を入ったらひたすら北に向かってください(笑)

構内バスも走っていますが、ちょっと難易度が高いので初めての方が乗るのはやめておいた方がいいと思います。


さてそれでは本題に入りますが、到着してすぐにトラベラーズチェックを両替するにはどうすれば一番便利なのか考えてみました。



北京大学・・・学内の農業銀行でトラベラーズチェック両替可。
語言大学・・・学内の工商銀行でトラベラーズチェック両替可。加えてキャンパスもそれほど広くない。
清華大学・・・寮のすぐ近くに中国銀行があるにもかかわらず、トラベラーズチェックは扱っていない。工商銀行、北京銀行、建設銀行などもあるものの、寮から徒歩40分。しかもおそらくトラベラーズチェックは扱っていないと思われる。結局東門まで行くしかなく、とても不便。

1.空港で全て両替する
この場合、銀行なら必要のない手数料もかかりますしレートも悪くなります。額が大きくなると損も大きく。ケチな私は・・・。さらに、大金を持っての移動は避けた方がいいでしょう。

2.途中で銀行に立ち寄ってから再度移動
大きなスーツケースを持っての移動になります。銀行で2、3時間並ばされることもよくあります。到着日時によっては銀行の営業時間に間に合わないことも(支店によりますが16時~18時閉店、土日も営業してますが両替は不可)。

3.クレジットカードで支払う
こちらもレートが悪くなりますが、「クレジットカードについて」でご紹介したような少しでもお得に使えるカードを準備しておきましょう。

4.とりあえず手持ちのお金で数日分の寮費を支払って入寮する
そういうことができるかどうかは分かりませんが、おそらくできるはず。後日トラベラーズチェックを両替し、改めて申し込みに行くという方法です。ただ、「入寮手続き」で書いたように、清華大学の寮費は1学期分のまとめ払いで約25,000円も安くなりますので、それが適用されるかどうか確認しなければいけません。

結論として、もし私がもう一度初めて行くとしたら、まずは「4」にチャンレンジ、だめなら「3」でしょうか。「2」は今なら難なくできることですが、”初めて”と考えるともうやりません。クラスメイトは外国人も含め「3」が一番多かったように思います。一番便利ですよね。


スポンサーサイト
go page top

 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。